脂っこい食べ物はNG!?食生活に潜むニキビの原因

キッチンの野菜と主婦

 

 

ニキビとは、毛穴に皮脂や古い角質が詰まることによって引き起こされる皮膚の炎症性疾患です。
ホルモンバランスが大きく変化する思春期やストレスなどできる大人のニキビがありますが、どちらにしろ食生活が大きく関係してきます。

近年では、偏食やダイエット、肉類を多く食べる食の欧米化などによって必要な栄養素が足りなかったり、特定の栄養素を過剰に摂取してしまっているということがよくあります。栄養バランスが悪くなってしまうこともニキビの原因の一つになってしまうのです。

 

具体的な食生活としては、動物性脂肪や糖質は皮脂腺を刺激する作用があり、皮脂の量を増加させて毛穴がつまりやすくなります。

タンパク質は皮膚や髪の毛、筋肉や内臓などあらゆるものを形成するのに必要な栄養素です。不足してしまうと新しい皮膚を作ることができずにターンオーバーのサイクルも乱れてしまいます。

それによって古い角質が剥離できずに毛穴がふさがってしまうことがあります。また、免疫細胞の材料でもあり不足すると免疫力が低下して、ニキビの炎症の原因となるアクネ菌などに抵抗できなくなってアクネ菌などが増殖してしまいます。

 

ビタミン不足も肌の健康を維持できなくなります。ビタミンには新陳代謝を促すビタミンAや、肌のターンオーバーに必要なビタミンB6、皮脂のコントロール作用があるビタミンB2が不足すると皮脂分泌が増え、ビタミンCが足りないと活性酸素が増加してしまい毛穴の中の炎症がひどくなることが考えられます。

また、オメガ3系脂肪酸が足りなくなると肌の再生が促されなくなりターンオーバーがうまくいかず、角質層の細胞間脂質も減ってしまい、肌の保湿力が低下することで毛穴周辺の過角化を引き起こします。

 

他にも、血糖値を高くしてしまう高GI食も注意が必要です。チョコレートなどがニキビの原因になると言われることもありますが、嗜好品類が直接の原因になるわけではなく適度な量と頻度を考えて摂取する分には問題はないとされています。食事をする場合には、きちんとバランスのとれた食事を意識することが大切です。

 

 

コメントを残す